トロントから酵母にこだわる都会派ブルワリー<Burdock>研究6本
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

トロントから酵母にこだわる都会派ブルワリー<Burdock>研究6本

¥4,990 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

カナダはトロントから、Burdock Brewery が再びやってきましたYO! 去年新しく出会ったブルワリーの中でも特に印象に残っているところで、個人的にもとてもお気に入りになりました。今回もジャケから漂う雰囲気がええですね。ウェブサイトに行ってみると、食事とのペアリングが良いのか色々なおつまみとの写真が載っていてとても美味しそう。現地のブルーパブの雰囲気も良さそうです。 インポーターさんからのブルワリー紹介文もあらためてお届けします。 ----- カナダ、オンタリオ州トロントのダウンタウン西側、ブローデールにて2015年に創業したBurdock Brewery。元々ブリティッシュコロンビア出身の元消防士でホームブルワーのMatt Park氏、そしてミュージシャンであるJohn Stein氏によって立ち上げられた。そしてAmsterdam Brewing、Mill Street Breweryとトロントの老舗ブルワリーを渡り歩いてきた実力派Siobhan McPhersonをヘッドブルワーとして迎え(現在は離職)、元々ポルトガル料理屋だった物件でブルーパブ兼ライブハウスとしてスタート。因みにこちらはモントリオールにある有名なビストロ/ライブハウスCasa Del Poploにインスパイアを受け造られたという。良質の音楽とこだわりの料理が提供される一角でトロントでも屈指の水準のビールが醸造されている。ホッピーなものはもちろん、ラガーや樽熟成のサワーエール、スタウトと幅広いスタイルを伝統的製法と原料を革新的組み合わせで醸造するというコンセプトが根底にある。彼らのレストランには本格的なワインプログラムがあり、それによりワイナリーとの交流がある。しばしばワイナリーに出向き発酵の技術を学びにいく事も多い。また、野生酵母を自らの手で採取しに行くとの事で酵母や発酵に対しかなりのこだわりがあり、製品にも如実に反映されている。トロント最新鋭の最も洗練されたブルワリーと言える。 ----- 流行りのどヘイジーな感じではないですが、クリーンで洗練された感じを味わっていただけたらと思います。週末の走ったあとに、夕食と一緒にまったりと飲みたいですね〜。 ではでは、写真下段右から3本、上段右から3本をご紹介! <Burdock / Nula / Dry Hopped Hazy Sour Pale Ale / 5.6% / 355ml> ジューシーな酸味が爽快なドライホッピングを施したサワーヘイジーペールエール。⼤量の El Dorado、Citra、そして Mosaic ホップでドライホッピング。濁った淡いオレンジ⾊の液⾊。まるでオレンジジュース⼯場より直送されたかの様なフレッシュでシトラシーな味わい。アロマにしっかりとトロピカルフルーツのキャラクターが認められる。程よい苦みとリフレッシングな酸味の余韻と共にドライに締めくくられる。 <Burdock / Mild / Mild Ale / 3.3% / 355ml> モルティ―でありながらリフレッシングなマイルドエール。チョコレートを想わせる⾵味にフルーティーなコーヒーの様な奥深いフレーバーにトフィーの様な⽢味が感じられる。アルコール度数 3.3%と低いながらも奥深い味わいとリフレッシングさが同居する、⾄極の⼀杯に仕上がっている。 <Burdock / Brett Lime / Brett Farmhouse Ale w/ Key Lime & Viognier Grapes / 5% / 250ml> キーライムとオンタリオ州産のヴィオニエグレープを使⽤したファームハウスエール。ピルスナーモルトとトウモロコシを使⽤して醸造された軽めのベースビールにキーライムジュースとその⽪にヴィオニエグレープを漬けて再発酵させ、カンコンディションを施した。⽩ブドウの様なアロマが感じられ、ワインクーラーを想わせる味わいにファンキーさが感じられる。弾ける様な⼝当たりが味わいの爽快さを助⻑させる。⽩ワインなど好きな⽅にお薦めしたい⼀本。 <Burdock / Tuesday / Saison / 5.5% / 355ml> 軽やかでクリーンな味わいのセゾン。Tettnanger と Saphir を使⽤し軽めにドライホッピングを施してある。少々濁った⻩⾦⾊の液⾊。パインナップル、新鮮なわら、クローブ、スパイスを想わせるフルーティーで⻘々とした爽やかなアロマ。⼝に含むとアロマ同様の豊かなフレーバーが広がり、クリスプな飲み⼝。“セゾンのピルスナー”と呼ばれているとか。ライトかつ味わい豊かな⼀本。また⽸コンディションが施してある。 <Burdock / Pilsner / Pilsner / 5.1% / 355ml> 爽快な味わいのヨーロピアンスタイルのピルスナー。ホップに Columbus と Hersbrucker をモルトにはピルスナーモルトを使⽤。クリスプかつドライで苦みが爽快な⼀杯。ドライホッピングによりハーバルな⾵味も楽しめる。 <Burdock / Good Grapes White / Grape Ale / 4.5% / 355ml> ⽩ブドウを使⽤して造られたドライホップドサワーエール。トロント産の⽩ブドウがふんだんに使⽤され、更にその味わいを強調する為 Nelson Sauvin ホップでドライホッピングを施した。まるでマスカットジュースの様な⽢酸っぱさに仄かにシトラスの爽やかさが乗っかる。⽩ブドウの味わいが存分に感じられるリフレッシングな⼀本となっている。 ----- エリア:トロント 備考:美味しいクラフトビールは海外から日本に届く際も冷蔵で品質がバッチリ管理されています。その美味しさを保つためクール宅急便が届いたらすぐに冷蔵庫での保管をお願いします!あと注文は4〜6本まとめてがオススメですYO!