{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ハプニングを乗り越えたあとに飲みたくなったIPA4本セット

¥3,400 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ハプニングが起こりました。 7月17日のONTAKE100kにエントリーしていたんですが、その1週間前に自転車で落車してしまいました。翌日に手首がバコーンと腫れてきたので病院に。結果としては手首は剥離骨折、肋骨のヒビ2箇所という診断結果になりました。治るまで3週間ぐらいかなと伝えられました。 9月のBEAR100に向けて最後の調整レースとも言えるONTAKEには出ておきたいなーという気持ちがかなりあったので、1週間で走り切る調整が出来ないか試みることに。まずは処方されたロキソニンで多少は痛みが抑えられることを確認。そして手首と肋骨を固定するサポーターを導入。装着していると走りづらいものの痛みはなく行けそうな雰囲気。最終的には調子が悪くなったらDNFも覚悟でということで出走することに。なかなかこういうシチュエーションで走る機会もないですし、おすし。 その後、レースのスタート会場でミラクルが。ニューハレのブースに行ってダメ元で「剥離骨折と肋骨のヒビってテーピングで抑えられたりしますか?」と聞くと「できるよ」と。そして肋骨にはVテープを手首はXテープで固定してもらいました。これが抜群に効いて、走ってる分にはまったく痛みが出ずに最後まで走り切ることができました。持ってきたサポーターは走りづらかったのでテーピングだととても快適! ということで、軽症の?骨折だったということもあり、自分の身体とも相談しながら対策を考えハプニングを乗り越えられたということは大きな経験になったように思います。(たまたま上手くいっただけなので、基本的には無理する必要はないとは思うんですが。) そんなハプニングがありつつも完走できたONTAKE100k。その祝杯として飲みたいのはやはりIPAだなと。個人的にブームが続いているWCIPAやなんやかんや好きなHazyのMIXしたセレクトになっています。なんか世の中色々あるけど、自分はやりきったぞ!みたいなときにお楽しみいただけたらと思います。 ではでは各ビールの詳細を写真右からご紹介! <Urbanaut / Harajuku / WCIPA / 6% / 440ml> エクアノットのシングルホップ。パパイヤ、レモン、ライム、グレープフルーツのアロマにビスケットモルトのキャラクターが際立つ。原宿のように、独特の風味と、明るく大胆さのあるビール。 <Urbanaut / Verona / Hazy IPA / 5.9% / 440ml> 綺麗な⻩金ヘイジー。アマリロ、シムコーを使用。桃、アプリコット、オレンジ、レモン、パッションフルーツ、メロンなど、新鮮なトロピカルアロマが特徴的。シルクのような滑らかさ。締めくくりは非常に爽やかでクリーンな苦味を感じる。 <Funk Estate / Sophisticuffs / IPA / 6% / 330ml> 定番IPA。Sophisticuffs. Sophisticated 洗練された and fisticuff フィストファイトの造語。バランスが取れつつパンチーなホップが含まれるIPA。シトラとチヌックでトロピカルフルーティーさとパイニーなシリアスさをバランス。そしてその両方のキャラクターをもつNZワイミアが後押しするように投入し香り高く仕上がっている。 <Funk Estate / Mos Def / Hazy IPA / 6.5% / 330ml> ジューシーヘイジー。モスデフは柔らかな苦味と、ジューシーでトロピカルなホップキャラクターが際立ちます。USホップのサルタナをふんだんに使用することで表現している。ジューシィー!! ----- 備考:美味しいクラフトビールは海外から日本に届く際も冷蔵で品質がバッチリ管理されています。その美味しさを保つためクール宅急便が届いたらすぐに冷蔵庫での保管をお願いします!あと注文は4〜6本まとめてがオススメですYO!