WHAT'S NEW?

BREWERIES / Threes

[SOLD OUT!]

Threes brewingは、アメリカはNYのブルックリンにあります。

このThrees、VERTIGO AGEOのファントムショップ時代に記事にさせていただいたブルワリーなんです。そこからThreesのインポーターであるハリーメイさんのからブルワリー紹介文を。

<Threes brewing>
2014年にニューヨークはブルックリンにて創業。元々テクノロジー会社の経営者であり、投資家であったJosh Stylmanの呼びかけでエンジニアでありバーと花屋が併設されたSycamore Bar + Flowersの創業者であるJustin Isrealson、そして同じくニューヨーク州のブルワリーGreenport Harbor Brewingに勤めていたGreg Doroskiの三人でThrees Brewingを立ち上げた。

彼らの醸造するビールはラガーやアメリカンエールはもちろんミックスカルチャーエールまでと幅広い上に、彼らのピルスナーやファームハウスエールはニューヨーク州醸造協会主催のコンペで受賞歴もあるほどのお墨付き。また社会運動や人権問題に関心が高い事でも有名で、LGBTQ支援団体や人権団体への寄付を意図として造られたビールも数多くリリースしている。

現在は3つのロケーション、本拠地であるブルックリンのGowanusのブルワリー兼タップルーム、そしてバー及びイベントスペースであるGreenpoint、そして季節限定でオープンするGoveners Islandどの場所でもビールはもちろん各種イベントが楽しめる。中でもメインのロケーションであるGowanusにはバーの他にレストラン、コーヒーショップ、そしてレコード屋が併設されている。

ビールはもちろんその取り組みやブルワリーを取り巻く環境が評価の高いThrees BrewingはFinback、Otherhalf、Interboro、Grimmと共にニューヨーク都市部を現行のクラフトビールシーンにおける重要地として決定づけたブルワリーの一つだ。

ファントムショップ時代の記事はこちら!
https://medium.com/vertigoageo/1-スリー-イズ-マジックナンバー-c6ac78210981

記事の中で、ブルワーのマットさんが、ピルスナー「Vliet」について語っている動画があります。Vliet は彼らのフラッグシップで彼の一番のお気に入りだそうです。また、ブルックリンでのビアシーンや仕込みの様子も見れます。

今回、そのVlietも仕入れることが出来ていますYO! 想像力があれば、まさにNYにいるかのような気持ちになれるかもです。

Threesのインスタはこちら!
https://www.instagram.com/threesbrewing/