WHAT'S NEW?

アートとビールが融合した Collective Arts Brewing のご紹介

現在取り扱い中のCollective Arts。インポーターさんからブルワリー紹介文をいただいているので、みなさまにシェアしたいと思います。

<Collective Arts Brewing>
クラフトビールの創造性にミュージシャンやアーティストの持つインスピレーションが融合するブルワリー Collective Arts Brewing。

2013 年10 月、カナダはオンタリオ州ハミルトンにてマット・ジョンストン氏とボブ・ラ ッセル氏によって創業された。ビールと同じくらい音楽やアートに情熱を傾ける二人は、同じくオンタリオ州に拠点 を置くHop City Brewing で共に働いている時に出会った。そこで既成概念に捕らわれず、自分達のお互いの好きな 物をサポートできる様なブルワリーを造る事を目標にCollective Arts Brewing が誕生した。

彼らの掲げる理念は二 つ、「創造性は創造性を育む」「創造性は極上のビールを産み出す」。ビールのラベルは半年ごとにその時旬な国内 外のアーティストに担当してもらい、まさにその商品自体がギャラリーの様になっている。

醸造するビール自体ももちろん秀逸で、ブルワリーのフラッグシップであるウェストコーストIPA のRansack The Universe IPA、2016 年に Wold Beer Cup で銅賞を受賞したポーターStranger Than Fiction を始めとする幅広いラインナップも魅力のひとつ。コラボレーションも積極的に行っており、北欧のStigbergets、Lervig、イギリスのVerdant、アメリカのMoksa など、今をときめくブルワリーが名を連ねその実力が世界で認められている確固たる証明といえよう。

ビールの他に もサイダーやジンも醸造し飲料に対するクラフト性の飽くなき探求心も伺える。ブルワリー/タップルームでは毎週 音楽イベントが催されており、パッケージラベルのギャラリーでそのアートワークが堪能できる。そして年に一回、 国内外よりブルワリー、アーティスト、ミュージシャンを集めその集大成ともいえるフェスティバル、「Liquid Art Festival」を執り行っている。ビール、アート、音楽の様々な文化が融合し、本来の意味での「クラフト性」が体現 できる唯一無二のブルワリー。